×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

江戸切子(えどきりこ)とは、1834年(天保5年)に江戸大伝馬町のビードロ屋、加賀屋久兵衛が金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻で模様を施したのが始まりと言われます。江戸末期に江戸(今の東京)で始まったカットグラス工法のガラス伝統工芸品がその由来です。

 江戸時代から続く”江戸切子おちょこ”のセレクトショップです

  • イニシャル加工可能
  • ラッピング無料
  • メッセージカード無料

皇室御用達のクリスタルが伝統工芸士と出会い、江戸切子は生まれます。江戸切子おちょこ堂
日本の伝統工芸職人の技が光る逸品です。

ロックグラス

<< 切子職人により織り成される、唯一無二の切子模様 >>

  1. トップ
  2. ロックグラス
江戸切子商品一覧

江戸切子